にくじゃがソフトウェア

にくじゃがどもによる、にくじゃがの為の開発集団。 技術を右斜め上に開発・啓蒙するのがモットー。

さて、同人サークル『にくじゃがソフトウェア』をクローズするにあたり、核心について触れていませんでした。
同人サークルは(※税務上個人事業の一種という側面はさておき) 、本来は趣味で制作した冊子などの自主制作物を頒布する事を目的としています。それ故、容易に始める事ができますが、辞め時はいつか来ます。
本来は原価(※何を以て原価というかはさておき) で身内の本を頒布する事を指していたようですが、にくじゃがソフトウェアは同人界隈の中では後発であり、若干商業(物販)の考え方を含めながら物事を進めていました。
そこから、見いだせた事を記したいと想います。 【同人サークルの辞め時とは?】の続きを読む

このページのトップヘ